マナーは守ろう | 都合に合わせて働ける登録制バイトの魅力を知りたい
自分らしい、働き方

マナーは守ろう

仕事をすること

「アルバイト」と言うと、日本ではどちらかと言うと「軽めの仕事」を意味するような趣があります。
実際は、居酒屋の店員さんもイベントの設営スタッフも「軽めの仕事」などではない重労働である場合が多いわけですが、肩書的にはどことなく「軽い」印象があります。
ただ、この言葉本来の意味であるドイツ語の「アルバイト」は、シンプルに「仕事」ということを意味しています。
特に欧米では、「正規雇用」を印籠のように振りかざしたり、「非正規雇用」を下に見たりといった風潮は皆無なのです。どれもこれも、仕事をするという点では変わらない、人が生きるための集団と捉えるわけです。
つまり、登録制バイトという働き方であれ何であれ、人が生きるということに関わるものなのだということは、忘れないようにしましょう。
登録制バイトで働く時には、最低限、社会で生きる人間としてのマナーを守るべきなのです。

しっかり働くこと

たとえば、登録制バイトは1日からの仕事がOKだという短期の仕事も多いもの。その前日も後日も働く必要はない、1日きりの仕事というものを、登録制バイトではこなしていくわけです。
大学生などは、授業が休講になった日や休日などに、積極的に仕事を入れていってお金を稼ぐのに励みます。
とはいえ、中には不心得者もいて、「どうせ1日きりなんだからドタキャンしてもOKだろ」というような身勝手極まりないことをしたりするわけです。
これは絶対にやめなければならないことです。人材派遣会社にも、もちろん働き手を求めてきた会社にも、多大な迷惑をかけてしまうことになります。